FC2ブログ

認める話

中学生のとき
海でキャンプファイヤーをした

お酒が入り
ぼくらはげらげら笑いながら、
そのへんにあるものを火にくべた
薪がなくなり
ダンボール箱や
割り箸や
紙皿や
紙コップや
紙くずを燃やしてしまうと
誰かが
どこかから
古いリヤカーを持ってきて
火にくべた
それはごうごうと音を立てて燃え上がり、
ぼくらはその炎の大きさに
げらげらと笑った。
すると地元の青年団の人達がぐるりとぼくらを囲み、
「誰がリヤカーを盗んだんだ」といって、
犯人探しを始めた。
一列に並べさせられて、
端から「お前か?」と一人ずつ質問された。
ぼくの隣にいる奴が犯人だったのだが、
ぼくが「ぼくじゃない」と答えると、
大きな拳骨で頭を殴られた。
嘘つきだと思われたらしい。
そして次に真犯人が「ぼくです」と答えると、
「おまえは正直で偉い、他の奴も見習え」
といって隣にいるぼくの頭をまた殴った。
くらくらした。

八百長を認めた奴には
「おまえは偉い、他の奴も見習え」と褒めてやり、
許すべきではないか。
悪いことをしたと認めるのは、
幾つになっても難しいことだ。
大人になったらますます難度が上がると思う。
まずは親方から、お手本を、どうでしょうか?




日吉






comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

相撲がテーマのいつも面白いですね、
相撲界も面白かったです。

認める話は映像にしてもいいなあ。海のキャンプファイヤー、中学生の頃やりました。

相撲がテーマの短編集もいいんじゃない?

話が変わりますが、失業? 

文学の道に生きる決意表明なのでしょうか。

それにしても、陰毛は本屋さんでは買いづらいタイトル(笑)





No title

いつもありがとうございます
コメントいただけると
嬉しくて
元気になります

失業は天災のようなもので
4月から
失業手当を受給する予定です

決意表明ならかっこいいのにと思います

07 | 2019/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

同人誌「昴の会」発行中。興味のある方はリンクから覗いてみてね。

Author:同人誌「昴の会」発行中。興味のある方はリンクから覗いてみてね。
FC2ブログへようこそ!

筆者
ほやほや
過去のつぶやき
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
36958位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11309位
アクセスランキングを見る>>
リンク
           

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
QRコード
QR