FC2ブログ

琴似神社

数えで四十二になり、
周りから厄払いに行くようにせっつかれる。
前回は北海道神宮で祓って頂いたのだが、
今回は琴似神社へ。
嫁から
「わたしは琴似神社の氏子だから」
と宣言されたのだ。
どこの神社を支持するのかは個人の勝手らしい。
毎週のように琴似神社を散歩で訪れる嫁の言うことを聞く。

社務所の申し込み用紙に住所、氏名、数え年などを記入する。
目の坐った張本勲似の巫女さんに「五千円」と言われ、払う。
しばらく待っていると、
本堂に通じるガラス戸が開き、
神主姿の張本勲に「こちらへどうぞ」と呼ばれる。
巫女ではなく、神主だったのか。
なんとなく不安になる。
大丈夫かおれの本厄。

たったひとりの御祓いだったけれど、
張本勲が一人芝居の役者のように、
すべてやってくれたので、
無事に厄を祓うことができた。

清清しい気分で嫁に報告すると、
「住所が違う」と指摘された。
枝番を間違えて記入したのだ。
すこし青ざめる。
神様にお願いするときは、
住所と氏名を正確に伝えることが肝心だという話を思い出し、
厄払いが無駄になったのではないか、
ご利益をよその番地に持っていかれたのではないか、
五千円損したのではないか、
などと不安になり、
沈んだ気分になる。

そのあと食べたうどんが今まで食べたうどんの中で一番美味しかった。
御払いに行って良かったと思った。

日吉






comment

管理者にだけ表示を許可する

03 | 2020/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

同人誌「昴の会」発行中。興味のある方はリンクから覗いてみてね。

Author:同人誌「昴の会」発行中。興味のある方はリンクから覗いてみてね。
FC2ブログへようこそ!

筆者
ほやほや
過去のつぶやき
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
33723位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9271位
アクセスランキングを見る>>
リンク
           

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
QRコード
QR