FC2ブログ

美男子の木

美しい少年が
たくさん木にぶら下がっているのを
目にしたことがある。

高校三年の時に
たまたま
ぼくらの男子校と
どこかの女子高の遠足の日程が重なり
目的地で一緒になった。

クラスごとではなく
仲のよいグループ同士で行動していたので
いろんな輪ができていた

もてない男だけの輪
もてない女だけの輪
男女混合の輪

男女混合の輪では
記念撮影が始まった

ぼくと親友は木陰に寝転んで
ふて寝していた
すると
「どけよ」と怒鳴られた。
目を開けると
ジェームスディーンが顔を真っ赤にして
ぼくらのことを睨んでいる。
「邪魔だ。どけよ」
見ると
氷室京介
近藤真彦
田原俊彦
真田広之
吉川晃司
三上博史
マシュープロデリック
トムクルーズ
そうそうたるメンバーが
ずらりと勢ぞろいしている。
全員、
うちの高校のトップスターで、
近くの女子高にファンクラブがあるほどの人気者たちだ。
ぼくと親友がぼんやりと突っ立っていると
ジェームスディーンを先頭に
全員で目の前の木を昇り始めた。

ふだんはどちらかというと、
けだるい感じで、
木登りなんてしない連中なのに、
奇声をあげながら
ぐいぐい木を登っていく。

ぽかんとしていると
「分かった」と親友がつぶやいた。
「なにが」と訊くと
「あいつら女の子にもてたくてあんなことしてるんだわ」といった。
「まじで?」
「まじで」
「充分もててるじゃん」というと、
「ふだんはな。でもどういうわけか、いまは、全然女子が寄ってこないだろ」
「そういえば、そうだな」
「だからアピールが足りないと思ったんだろうな」
「なるほど」
ぼくらは木を見上げた。

一本の木に九人の美男子がぶら下がっている。
でもどういうわけか、
さっぱり女子が近寄ってこない。
「全然だめみたいだな」親友が首をひねる。
「あんなに美しいのにな」ぼくも傾げる。

しばらくすると、
親友が、
「まきの」
「ん?」
「おまえも登ってみたら」

沈黙。

「おまえこそ登れよ」
「おまえが行けよ」
「いや、おまえが行けよ」
とぼくらは互いを突きあいながら、
互いの容姿に安心し、
決して木に登らない生き物であることを
承知していた。

賢明である。


ひよし




comment

管理者にだけ表示を許可する

田舎の畑には

子供~十代の頃の、言語化出来なかった思考を的確に表現していて懐かしくなります。同じ経験はありませんが、似たような思考に陥った事はあります。あの頃は、例えようもなく「何やらマズイ事になってしまった」事がたくさんありましたね。本当に例えようが無かったなあ。
美少年の生る木、いいですね!庭に植樹したいと思いました(笑)
私は田舎育ちなので、よく畑に女子中高生が実っていました~。

まとまらないコメントで失礼しました。

No title

どういうわけか
楽しい思い出なんて
これっぽちも残ってなくて
いつも深夜に浮上するのは
記憶の底に埋めたはずの
とんでもなく恥ずかしい思い出ばかりです。

よくあんな格好で街を歩いたり
部屋の中でポーズを決めたり
オリジナルの唄をくちずさんだりしたな
と呆れます

ああ
リセットしたい

美少年の木
よいでしょう?
いまなら
どんな面影の中年になっているのか

ためしに植樹してみてください

ばんばひろふみ
ケーシー高峰
みのもんた
と化した
いつかの少年たちが
木にぶら下がっているかもしれません

ジェームスディーンにたとえた少年は本当に美しかったです
バンドマンで
唄が残念なのにすごい人気でした
デビューするといって中退しました
その後
消息をきかなくなりました。
あんなに美しいのに
デビューできなかったみたいです。

でも羨ましいですね。
ぼくも木に登りたかった。




07 | 2019/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

同人誌「昴の会」発行中。興味のある方はリンクから覗いてみてね。

Author:同人誌「昴の会」発行中。興味のある方はリンクから覗いてみてね。
FC2ブログへようこそ!

筆者
ほやほや
過去のつぶやき
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
36958位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11309位
アクセスランキングを見る>>
リンク
           

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
QRコード
QR