FC2ブログ

銭函

銭函

銭函まで走っていった。
一時間半くらいである。
これは朝のように写っているけれど、
午後六時五十四分の海の姿である。

舟が渋いなあ。
この舟で何を獲りに行くのか、気になる。
社交性がないので誰にも訊けずに立ち去る。

防波堤には人がずらりと並び、竿を出していた。
何が釣れるのか、気になる。
人見知りなので目を合わせないようにして立ち去る。

帰りの汽車で、
がらがらなので坐りたくなったけれど、
汗だくの本厄なので、
周りの乗客に迷惑をかけると思い、
自重した。

汽車を待っている間に真っ暗になり、
旅に来ているみたいで嬉しくなった。

さあシャワー浴びて、
ビール呑んで、
ソーセージをつまんで、
寝転がるか。

日吉
スポンサーサイト



トルネード箸

昨日うどんを美味しく食した。
珍しく快適な気分で店を出たと思い、
気になった。
人前で過ごすのを苦痛に感じるほうなので、
滅多に外食を喜んだりしないのだ。

勝因はなにかと振り返り、
箸がとても使いやすかったことに思い至る。

箸の持ち方が独特である。
親指の根元を使って挟むように持つ。

幼い頃に何度も矯正してもらったが、
どうしても正しい持ち方になじめない。
違和感があり、
自分の手で食べてる気がしない。
結果、
齢四十にして、
自分の小指より細いものはツマメナイ人生を送っている。

マナーが身についていないので、
人前で過ごすのが苦手なのだ。

しかし、昨日はとても快適だった。

箸がとても使いやすかった。
六角形で滑らないので、しっかり持てる。
しかも先端に小さなギザギザがあり、
つまんだものをひっかけて落とさないようにしてある。
ナノテク?なの?

ちいさな棘とは便利なものである。
ひっかけてくれる。
それが、
麺のほうに付いていたら口中血だらけになるから、
箸のほうに付いていて正解である。
調べると、
トルネード箸とあった。

四十年前にあったらな。

日吉
04 | 2010/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

同人誌「昴の会」発行中。興味のある方はリンクから覗いてみてね。

Author:同人誌「昴の会」発行中。興味のある方はリンクから覗いてみてね。
FC2ブログへようこそ!

筆者
ほやほや
過去のつぶやき
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
33723位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9271位
アクセスランキングを見る>>
リンク
           

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
QRコード
QR