FC2ブログ

琴似神社

数えで四十二になり、
周りから厄払いに行くようにせっつかれる。
前回は北海道神宮で祓って頂いたのだが、
今回は琴似神社へ。
嫁から
「わたしは琴似神社の氏子だから」
と宣言されたのだ。
どこの神社を支持するのかは個人の勝手らしい。
毎週のように琴似神社を散歩で訪れる嫁の言うことを聞く。

社務所の申し込み用紙に住所、氏名、数え年などを記入する。
目の坐った張本勲似の巫女さんに「五千円」と言われ、払う。
しばらく待っていると、
本堂に通じるガラス戸が開き、
神主姿の張本勲に「こちらへどうぞ」と呼ばれる。
巫女ではなく、神主だったのか。
なんとなく不安になる。
大丈夫かおれの本厄。

たったひとりの御祓いだったけれど、
張本勲が一人芝居の役者のように、
すべてやってくれたので、
無事に厄を祓うことができた。

清清しい気分で嫁に報告すると、
「住所が違う」と指摘された。
枝番を間違えて記入したのだ。
すこし青ざめる。
神様にお願いするときは、
住所と氏名を正確に伝えることが肝心だという話を思い出し、
厄払いが無駄になったのではないか、
ご利益をよその番地に持っていかれたのではないか、
五千円損したのではないか、
などと不安になり、
沈んだ気分になる。

そのあと食べたうどんが今まで食べたうどんの中で一番美味しかった。
御払いに行って良かったと思った。

日吉






スポンサーサイト



深夜放送ネタ

ひよしさんのオールナイトニッポンネタを読みながら、
やっぱ一世代違うんだなぁ~~(それ以上か)感を強くしてます。
私の時代は、1970年代だもんなぁと。
その頃は、今のニッポン放送社長のカメちゃん(亀渕昭信氏)などが、
パーソナリティをやっていました。
何年か前に、ホリエモンがニッポン放送を乗っ取ろうとした時に、
必死に守ろうとしていた中年になったカメちゃんが出て来て、
なんか古い世代になったんだなぁと哀愁を感じました。
あの頃は、カメちゃんも若者の旗手だったのにと。

パックインミュージックでは無名だった吉田拓郎さんを聴いたり、
文化放送のセイヤングで、土居まさるさんや落合恵子さんを、
聴いていました。
同級生たちがまだ知らないパーソナリティを聴いて、
ちょっと大人になったような気分になっていたもんです。
高校の頃だったかな。
落合恵子さんが深夜放送の中で、
「今、ベトナム戦争が終わりました」と言ってから話し始めたのが、
ものすごく印象に残っています。
そんな時代でした~~~~

投稿者 ふう

1Q84

先日、生まれて始めて人間ドックを受け、
ある臓器のある病気の疑惑によって、
精密検査を受けることになってしまいました。
待ち時間がいっぱいありそうだったので、
本屋で村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」を買って持って行きました。
あんまりシリアスな本は嫌だったのです。
でも、村上春樹、例によってなんかとりとめもなく、
無意味そうな文章や会話の連続、
病院の待合室で読むには不向きだなあ。

ちょっと風変わりな女の子と主人公の会話。
「オカマって口笛が下手だって聞いたから、それ、本当?」
「どうかな」

どうかなって・・・
私は、今、MRIを受けるためにどきどきしながら、
病院の待合室にいるわけで、
オカマが口笛が上手かろうが下手だろうが、
どうでもいいことだよ~~村上ぃ~~。

MRIの結果はシロだったようでほっとしました。

春樹の1Q84の3巻が発売半月で100万部越したようですね。
私も1巻2巻読んだので、3巻を買って、昨日読み終わりました。
ネタバレになるので多くは語りませんが、
語りたいことがいっぱ~い!
一言だけ、出版社と春樹に乗せられてしまったような気がするよ~
4巻が出たとしても買わないぞ~~~

投稿者 ふう
04 | 2010/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

同人誌「昴の会」発行中。興味のある方はリンクから覗いてみてね。

Author:同人誌「昴の会」発行中。興味のある方はリンクから覗いてみてね。
FC2ブログへようこそ!

筆者
ほやほや
過去のつぶやき
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
33723位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9271位
アクセスランキングを見る>>
リンク
           

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
QRコード
QR