FC2ブログ

沢田研二VSピンクレディー

小学校の低学年の頃、
ぼくらのクラスのお楽しみ会は、
なぜかいつもレコード鑑賞だった。
一人一枚ずつ持参できるルールで、
沢山かけたい奴は裏で根回しして、
友人に頼むのである。
ぼくも頼まれた。
沢田研二の「サムライ」を手渡され、
「絶対手をあげろよ」と念を押された。
挙手制で、男女交代でかけることになっており、
どういうわけか男女の仲の良くないクラスで、
お楽しみ会のたびに、それを張り合うのである。
その年は沢田研二対ピンクレディーとなり、
交互にヒット曲がかかった。
一人の男子と一人の女子が根回しに力を入れたためである。
男子は沢田研二がかかるたびに拳を上げ、
女子はピンクレディーがかかるたびに拍手をした。
ぼくは一度も手を挙げなかった。
わからなかったのだ。
いつ手を挙げるべきか、
いや、そもそもどんな顔をして手を挙げたらいいのかを、
考えているうちに、すっかり取り残されてしまった。
とうとう、
残っているのはぼくの机の中の「サムライ」のみとなった。
男子が見守る中、
ぼくは固まり、動けなくなった。
手を挙げて「サムライ」を先生に手渡すだけのことが、
恐ろしくて出来なかった。
「なにしてんだバカ」と頼まれた男子から怒鳴られても、
うつむいたまま聞こえないふりをした。
なぜ約束を破ったのか問い詰められたけれど、
ぼくは答えなかった。
きっと今でも上手く答えられないし、
手を挙げることも出来ない。
お楽しみ会をずる休みするくらいしか、できそうにない。

日吉



スポンサーサイト



03 | 2010/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

同人誌「昴の会」発行中。興味のある方はリンクから覗いてみてね。

Author:同人誌「昴の会」発行中。興味のある方はリンクから覗いてみてね。
FC2ブログへようこそ!

筆者
ほやほや
過去のつぶやき
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
33723位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9271位
アクセスランキングを見る>>
リンク
           

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
QRコード
QR